読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持たない暮らしの家計簿

二児の母の持たない暮らし




我が家の家計簿予算

メタボ家計からの卒業を

私は絶賛育児休業中。
結婚してから現在までその家計管理は常に2馬力でした。
去年も育休中とは言えども、育児休業給付金が入るので2馬力で予算を考えていました。

2馬力でしか予算を考えられないと思っていました。

やりくり費6万なんて無理!

保育料などかかる固定費を考えると、やりくり費は6万くらいしか確保できないからです。
メタボ家計の解決の第一歩は、固定費の削減だと思っています。
我が家の家計を見たところ、固定費で余分なものはウォーターサーバーかな、と思うのですが、こちらは今年の夏に解約予定です。それまでに解約すると違約金がかかる上、子のミルク調乳にとても重宝しているので、まだ使用するつもり。

それ以外は結構すでに見直したんですよね…。

固定費予算

  • 住宅 78,000
  • 水道光熱費 20,000
  • ネット 4,000
  • 携帯 5,000
  • 夫小遣い 30,000
  • 保育料 20,000
  • 長男習い事 4,000
  • ウォーターサーバー 5,000
  • 投信 5,000

合計 171,000

流動費予算(仮)

  • 年払い積立 20,000
  • 特別支出 10,000
  • やりくり費 59,000

合計 89,000


総計260,000

やりくり費、正しくは59,000円ですね…。

特別支出は主に衣服、子どものものですが、使わなければプールしていきます。
しかし、まず10,000円では済まない…。

次男のミルクとオムツの行き場がないのです。
やりくり費に入れると絶対無理…
特別支出にすると、オムツとミルクで1万オーバーする…。

現状は

現状は私の収入があるのでなんとも言えませんが、年払い積立をせず、生活している感じです。
今までも、年払いについてはボーナス頼り。家電や夫実家の帰省もボーナス頼り。
なかなか危険とは知りながら、そうせざるを得ない状態でした。


今年もやり方は変わらず、積立ナシで生活すると思います。
つまりは

流動費予算(改)

  • ベビー関係 10,000
  • 特別支出 15,000
  • やりくり費 60,000
  • 妻小遣い 4,000

合計 89,000円

ベビー関係、10,000の予算ですが、確実に足りないと思われますが、そこは特別支出等と調整するしかないかな…。

私のものは私の小遣い内で。
これまで、本などの支出は特別支出にしていました(^^;)
そうすると、とにかく何でも特別支出にしてしまいがちに…。
これじゃあいけない、ということで私のお小遣いという枠を設けました。


このままでは、貯蓄ゼロ…
夫の収入が上記より低ければ大赤字(実際低い時も多々…)!

何とか上手にやりくりしたいです。

4月からは長男が小学校に入ったり、次男が保育園には入れれば(恐らくかなり高額の)保育料も発生するので、また予算は来年度見直します。

広告を非表示にする