読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持たない暮らしの家計簿

二児の母の持たない暮らし




ワードローブ。夫が管理できないなら、私が管理する!


先日少し書いた服の収納の話。
(→クローゼットの折戸を取り外し!大人の服はこんな感じ

夫の服、なんとかならないかな

夫の服が多くて捨ててくれない…なんてことで、うるさく言ったり介入しちゃいけない。自分は自分の服を少なくすることに専念する。自分がミニマリストになれば、周りも自然とそうなる、というような話を聞きます。

私もそう信じて自分のところだけ少なくして来ました。自分のところだけ厳選してきました…。1年くらい経ったと思いますが…

全く夫は関心がない´д` ;

そう、夫はアンチミニマリスト。
ものが少ないなんて寂しい。いいじゃないか増えたって。これだってまだ使える、まだ着れる…破れた靴下だって問題なし!
そんな感じです。

なので何も言いませんでした。夫の価値観ですから。
私がものを減らしていくことに、夫はどんな反応を示すだろうか…と密かに観察していました。

結果、
興味なし!関心なし!だった…。

考え方を変えてみた。

そもそも夫の服、私が管理してもいいんじゃない?

人間、十人十色。夫の服は夫のものだから私が介入してはいけない、と思っていました。
しかし、夫を見ていると、興味がないのです。家のこと全てにおいて。
靴も破れても履いている(さすがに歩きにくくなったら言ってくる)
靴下は破れても履き続ける(特に弊害がないため、そもそも気にしない)
そもそも気づかないんだということに、私が気づいてしまったのです。

そしてこだわりがない夫ですから、別に服だって「これ買ったよ」とハンガーにかけておけば、何も言わずにそれを着ます。
歳は40歳すぎていますが、「面倒くさいから適当に買っておいてよ」なタイプなのです。
決して親に依存しているわけではなく、さすがに一人暮らししていたのでずっと自分で買っていたのですが、確実にそういうタイプなのです。

じゃあ、私が買うんだったら、処分するのも私がすればいいんじゃない?

そう思ったのです。

そして、夫の引き出しや服が汚かったら、私が整えればいいんじゃない?

そう思うのです。

もちろん、これが子供だと私が管理しちゃうと自分で何もできない子供に成り下がってしまいそうですが、夫ですし……夫も成長とか今更ですし。
夫は洋服収納がぐちゃぐちゃでも気にならない。でも私は気になる。
悶々してストレスたまるなら、私が勝手にきれいにすればいい。
きれいにされて夫がイラっとしないのであれば、それに越したことはない!

さっそく実施

夫の季節外の服が入っている引き出し。夏物ばかりです。
ぐちゃぐちゃ丸めて隙間に詰め詰めだった服たち。


ひどいなぁ…。
ぼくがかたづけますよー と次男もお手伝い(?)

1つずつ広げて吟味しました。
夫にもはや似合わないもの、汚れや穴あき、破れているもの、色あせているもの。
抜きます。
あまりに少なくて洗濯でまわらないようだと、問題ですからね…。

…抜いた服は1着だけでした。が、ざっくり畳んで収納すると、結構スッキリ。

私服はそんな感じで着々と進んでいったのですが、カッターシャツ(仕事用の服)でつまづきました。

どんなタイプがあるのか、どんな色柄を何枚持っておけばいいのかの適正枚数がわからないorz


カッターシャツはどんなタイプを何枚所持しておくべきか、これは夫と確認したいと思っています。

もやもやしていた部分がスッキリ!

あんまり抜かず、季節外の服はたたみ直したりしただけです。
ハンガーにかかっている服はインナーで2年以上着ているホットコットを抜きました(糸がほつれて結構ボロボロ…)。そして分厚いセーターを抜きました。

夫は、コートを着る時はセーターを着ません。
コートは結構ゴツいのを持っているのですが、ゴツいセーターに、ゴツいコートじゃゴツゴツになっちゃうからかな。



私はスッキリしました。

ホットコットインナーは、古布ごみの透明な袋に入れましたが、セーターは、別のところにそっとしまいました。
勝手に捨てたと万が一怒られたら、捨てていないと出せるように^ ^

一応、「今日、服の整理したよ〜」と一言。
「あっそ。またなんでも捨ててない?」と訊かれたので、
「着れるものは捨ててないよ。結構破れたり汚れたりがあったから、そういうのはゴミ袋に入ってるよ。気になるなら見といてー」と返事。
「あっそう」

以上。
(※ウチの夫は「あっそ」が口癖です。)

多分見てはいないんだろうなー、でした^ ^


気にしているのは私だけ。


我が家の場合、私が動いて○でした。

ウチの夫は、ほぼ全てのことにおいて、こだわりのない&興味のない人なので、気にしている私が積極的に動くことで、私もストレスがなくなりました。

ずっと家にいると、家の細かいところが色々気になるんですよね。

色々気になるけど、家は夫の名義だし、大きな変更は夫と一緒にやるべきだと私は思っていました。
でも、夫にしてみれば「仕事が休みの日に、服が破れている云々、家のココをこうしたい云々…」そう言われることがストレスだったようです。
あれこれ言うより、
勝手に私がやったほうが、お互いにとって良かったのです。
(クローゼットの折戸撤去もその1つ)

「お前が1人でやるならどうぞどうぞ」でした。
「お前がやるならどうぞどうぞ。服とか破れてるとか気にしないからどうぞどうぞ。でも、俺の個人的なものはダメ!」です。

よって、夫専用の開かずの箱が我が家にはあります(笑)

私の服

私もセーター類を抜いて、引き出しにしまっていた春服を出してみました。
コートはトレンチコートしか持っていなかったのですが(近場の保育園などの送迎には軽さ命のユニクロのダウンを着用していました。これは自宅でも着ています)、先日母から「黒いビニールに入っていたから喪服だと思ったら、あんたのコートだったわ」と黒いコートがやってきたのです。

こんなのあったのか!

そういうわけで、今年はコートを着ます♡
でもちょっと肩幅が…窮屈なのでコートを着る時、インナーは薄手の服にしようと思います(^^;)